LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヒガシ21/4~6月の売上高23.2%増、営業利益2.2%増

2022年07月29日/決算

ヒガシトゥエンティワンが7月29日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高80億5300万円(前年同期比23.2%増)、営業利益4億6900万円(2.2%増)、経常利益5億400万円(2.3%減)、親会社に帰属する四半期純利益3億2100万円(4.4%減)となった。

売上高は、2021年10月に開始したインフラ会社資材3PL業務、首都圏での移転事業の拡大が順調に進んだことに加え、三郷ロジスティクスセンターの開設(2022年4月)や、小牧物流センター開設(同5月)、2022年度から山神運輸工業を連結開始したことなどにより、大幅増収となった。

利益面では、三郷ロジスティクスセンター開設に伴い先行投資費用が発生したことに加え、子会社のイシカワコーポレーションの決算期を12月期から3月期に変更したことにより、前期は同社の繁忙期となる1~3月を第1四半期の連結対象期間としたことに対し、当期は業績が平準化している4~6月を連結したことが影響し、僅かに減益となっている。

通期は、売上高315億円(12.7%増)、営業利益16億8000万円(13.9%増)、経常利益17億5000万円(4.7%増)、親会社に帰属する当期純利益11億1000万円(1.0%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース