LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/茨城県猿島郡境町に物流施設2棟(計16.4万m2)を開発

2022年07月29日/物流施設

日本GLPは7月29日、茨城県猿島郡境町で「GLP境古河I・II」の開発を行うと発表した。

「GLP境古河I・II」は、境町が新たな産業用地として開発を進めてきた「猿山・蛇池地区開発事業」地区内に建設され、開発事業化を推進してきた大洋との連携により開発が決定したもの。

「GLP境古河I」は、延床面積が8万5000m2で、2023年10月着工、2025年4月竣工、「GLP境古河II」は、延床面積が7万9000m2で、2025年4月着工、2026年10月に竣工予定。投資総額は327億円。

<「GLP境古河I・II」鳥瞰図>
20220729NIhonGLP1 520x207 - 日本GLP/茨城県猿島郡境町に物流施設2棟(計16.4万m2)を開発

「GLP境古河I・II」は、圏央道「境古河IC」から400m、そして国道354号線沿いに立地することから、高速自動車道と一般道双方へのアクセスに優れている。さらに、国道354号バイパスは国道新4号線との接続を予定しており、一般道による東京都心および北関東エリアへのアクセスが向上し、今後さらに周辺エリアの交通の利便性が高まることが期待されている。

<広域図>
20220729NihonGLP2 520x297 - 日本GLP/茨城県猿島郡境町に物流施設2棟(計16.4万m2)を開発

<周辺図>
20220729NihonGLP3 520x292 - 日本GLP/茨城県猿島郡境町に物流施設2棟(計16.4万m2)を開発

同施設が立地する茨城県西エリアは、日用雑貨メーカーや食品流通系企業、工業メーカー系、日用雑貨や工業製品等の物流拠点が集積し、先進的物流施設へのニーズは一段と高まるとみられている。また、周辺には住宅エリアが隣接し、雇用確保にも適した立地にある。近くにコンビニエンスストアもあり、施設で働く人々やトラックドライバーにとって利便性の高い環境だ。

最小区画面積は2880m2で、小・中規模スペースへのニーズにも対応した汎用性の高い区画割を実現。最大区画面積は6万6100m2、1フロアでは最大1万9200m2とし、拠点集約による保管効率を向上させることもできる。作業庫内に窓を設置し自然光を採り入れ、各棟にはカフェテリアを完備。生産性向上につながる快適な就労環境を提供する。

また環境への配慮として、自家消費型の太陽光パネルを設置することを検討しており、入居企業の脱炭素化に向けたサステナブルな取り組みをサポートする。

各棟の特長としては、「GLP境古河I」はマルチテナント型物流施設で4階建てシングルランプ、1,2,3階に接車が可能。1階は両面バース対応のほか、自動車部品や飲料等の保管に適した低床バースの採用を予定している。2階は最小2880m2の小割区画に対応し、豊富な区分割バリエーションを展開。3,4階は最上階の有効天高を引き上げ、高い保管効率を実現した区画を提供する。

なお、「GLP 境古河II」はBTS型、マルチテナント型のどちらにも対応できる仕様で、マルチテナント型施設の場合は4階建てシングルランプを予定している。

■施設概要「GLP境古河I・II」
「GLP境古河I」
敷地面積:4万2000m2
延床面積:8万5000m2
構造:地上4階建て、耐震S造
着工:2023年10月(予定)
竣工:2025年4月(予定)
認証取得:CASBEE認証(予定)、ZEB認証(予定)

「GLP境古河II」
敷地面積:3万9000m2
延床面積:7万9000m2
構造:地上4階建て、耐震S造
着工:2025年4月(予定)
竣工:2026年10月(予定)
認証取得:CASBEE認証(予定)、ZEB認証(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース