LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/兵庫県尼崎市に2.8万m2の物流施設着工、関通一棟利用

2022年08月08日/物流施設

日本GLPは8月8日、兵庫県尼崎市で延床面積2万8800m2の先進的物流施設「GLP尼崎 IV」の起工式を執り行ったと発表した。

「GLP尼崎 IV」は、大手3PL企業である関通が着工前に賃貸借予約契約を締結し、専用施設として一棟全体を利用する。投資総額は81億円、2023年10月に竣工予定。

<「GLP尼崎 IV」外観完成イメージ>
20220808NihonGNP1 520x327 - 日本GLP/兵庫県尼崎市に2.8万m2の物流施設着工、関通一棟利用

<広域図>
20220808NihonGNP3 520x312 - 日本GLP/兵庫県尼崎市に2.8万m2の物流施設着工、関通一棟利用

<周辺図>
20220808NihonGNP4 520x324 - 日本GLP/兵庫県尼崎市に2.8万m2の物流施設着工、関通一棟利用

「GLP尼崎 IV」は、阪神高速3号神戸線「尼崎西IC」から700m、阪神高速5号湾岸線「尼崎末広IC」から1.7kmに位置し、大阪市内および神戸市内に向けた広域配送の物流拠点として優れた立地にある。また、国道2号線から1.8kmの近距離に位置することから、一般道を利用した大阪市内および神戸市内への広範なエリア配送にも活用できる。

さらに、阪神電気鉄道本線「尼崎センタープール前駅」から1.0km(徒歩13分)に位置し、路線バスの停留所も近いことに加え、住宅エリアからも至近であることから、雇用の確保の面でも優位性がある。

関通はすでに「GLP尼崎」、「GLP尼崎 III」へ入居しているほか、尼崎市内に複数の物流拠点を有している。関通は、尼崎一帯におけるこれら施設運用において、各施設へのアクセスの良さや、関西エリアを広域にカバーする立地の優位性、そして日本GLPのカスタマーニーズに合わせた施設設計の柔軟な対応などを評価し、同施設への入居を決定した。

<「GLP 尼崎 IV」エントランス完成イメージ>
20220808NihonGNP2 520x247 - 日本GLP/兵庫県尼崎市に2.8万m2の物流施設着工、関通一棟利用

同施設は標準的な倉庫仕様に加え、施設仕様では生産性と作業効率の向上のため、空調を整える大型シーリングファンを設置。約100席備えた厨房付きレストランは、室内と屋外テラスが一体感を感じさせ開放感のある空間設計となっている。

建物外観は、白色を基調に黒の帯で強調し、明るく清潔感のあるデザインで、エントランス付近は、木や緑などの自然の要素と自然光を取り入れている。

BCP面では、地震対策として耐震性能の高いブレース材を採用し安全性を確保するほか、浸水や液状化対策を講じ、高い事業継続性を確保する。環境面では、自家消費型の太陽光発電の設置を検討するほか、全館のLEDや緑化エリアの整備などを通じて、環境に配慮した施設運営を目指す。

■施設概要
施設名:「GLP尼崎 IV」
所在地:兵庫県尼崎市道意町6-36-1
敷地面積:1万4200m2
延床面積:2万8800m2
構造:地上 4階建て、耐震RC・S造
着工:2022年8月
竣工:2023年10月(予定)
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)、ZEB 認証(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース