LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/木質ペレット輸送船に風力推進装置搭載

2022年08月10日/IT・機器

商船三井は8月10日、グループ会社の商船三井ドライバルクが運航する米国エンビバ社向けの木質ペレットを輸送するばら積み船に、風力を船の推進力として活用する硬翼帆式風力推進装置「ウインドチャレンジャー」を搭載することを決定。大島造船所と同船の建造契約を締結したと発表した。

<ウインドチャレンジャーとローターセイルを搭載したばら積み船のイメージ>
20220810mol 520x284 - 商船三井/木質ペレット輸送船に風力推進装置搭載

同船は2024年の竣工を予定。2022年10月に竣工予定のばら積み船に続き、ウインドチャレンジャーを搭載する2隻目の船舶となる。

同船にはウインドチャレンジャーに加え、英国Anemoi Marine Technologiesが開発する風力を活用した推進補助装置「ローターセイル」の搭載も検討しており、併用した場合には平均20%のGHG削減効果が見込めるとしている。

エンビバ社と商船三井は、2021年3月に環境負荷の少ないばら積み船の実現を目的としたパートナーシップを締結するなど省エネ技術の導入を共同で検討してきた。

商船三井グループは「商船三井グループ 環境ビジョン2.1」に基づき、グループの総力を挙げて「2050年までのネットゼロ・エミッション」の実現に取り組むことを明確にしている。今後もウインドチャレンジャーやローターセイルといった風を生かした省エネ技術の活用を推進し、GHG排出削減と低・脱炭素社会の実現に寄与していくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース