LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

東京建物/愛知県一宮市に7.8万m2のマルチ型物流施設着工

2022年08月17日/物流施設

東京建物は8月17日、愛知県一宮市でマルチテナント型物流施設「(仮称)T-LOGI一宮」の地鎮祭を終え、着工したと発表した。

同施設は、同社が愛知県内で開発する初の物流施設で、竣工は2023年9月の予定。

<(仮称)T-LOGI一宮 建物外観イメージ>
20220817tokyotatemono1 520x349 - 東京建物/愛知県一宮市に7.8万m2のマルチ型物流施設着工

「(仮称)T-LOGI一宮」は、地上4階建て、延床面積7万8016.41m2の各階接車が可能なランプウェイ式マルチテナント型物流施設。

<広域図>
20220817tokyotatemono2 520x422 - 東京建物/愛知県一宮市に7.8万m2のマルチ型物流施設着工

<周辺図>
20220817tokyotatemono3 520x441 - 東京建物/愛知県一宮市に7.8万m2のマルチ型物流施設着工

2021年3月に開通した東海北陸自動車道「一宮稲沢北」ICから0.2㎞と高速道路へのアクセスに優れ、さらに同じく東海北陸自動車道の「一宮西」IC(同物件から3.3km)を利用し、隣接する一宮JCTから名神高速道路へも容易にアクセスできるため、愛知県内のみならず関西・関東圏への広域配送にも適した立地だ。

また、愛知県を南北に縦断する幹線道路「西尾張中央道」(同物件の前面道路)に面しており、下道でも容易に名古屋市内へ荷物を配送することが可能。

施設面では、各階バース接車により平屋使いが可能。最小分割倉庫床2479.34m2~と希少な小規模区画での募集があり、W11.5m×D11.5mのロングスパンを採用。倉庫内ブレースの削減により無駄な壁が少ないため、柔軟なレイアウトが可能となっている。

<ラウンジイメージ>
20220817tokyotatemono4 520x293 - 東京建物/愛知県一宮市に7.8万m2のマルチ型物流施設着工

さらに同施設では利用者の就業環境に配慮し、2~4階各階に憩いの場となるラウンジを設置。3フロアのラウンジを行き来ができるバーティカル仕様とした。

■概要
物件概要
竣工:2023年9月(予定)
所在地:愛知県一宮市萩原町林野字鷲宮52-1他(地番)
交通:東海北陸自動車道「一宮稲沢北」ICから0.2km、「一宮西」ICから3.3km
、名古屋高速1号一宮線「一宮東」ICから5.3km
敷地面積:3万3190.03m2(1万40坪)(予定)
延床面積:7万8016.41m2(2万3600坪)(予定)
規模:地上4階
形状:シングルランプ型
設計:大林組 名古屋支店
施工:大林組 名古屋支店
構造:RC/S造
耐震区分:耐震(予定)

倉庫仕様
プラットフォーム:各階 高床式1.0m
梁下有効天井高:各階5.5m
柱スパン:W11.6m×D11.5m
床荷重:1階2.0t/m2・2~3階1.5t/m2
ドッグレベラー:1フロアあたり9機実装
バース数:152台分(40ft接車可能)(予定)
駐車場:173台
トラック待機場:8台(予定)
特記事項:2~4階の各階にラウンジ設置(予定)

募集条件
契約形態:定期建物賃貸借契約
契約年数:5年~要相談
入居開始時期:2023年10月(予定)
最小分割面積:(倉庫・事務所・バース込み)2479.34m2(1070坪)(予定)
総貸床面積:7万8016.41m2(23600坪)(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース