LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

DHLサプライチェーン/千葉県八千代市に4万m2の新施設着工

2022年08月24日/物流施設

PR記事

DHLサプライチェーンは8月24日、千葉県八千代市で「DHL八千代ロジスティクスセンター」の起工式を執り行ったと発表した。

同社は、同施設の建設について「首都圏においてさらにプレゼンスを高めるための布石となる」としている。

DHLサプライチェーンのジェローム・ジレ社長、日本・韓国クラスターCEOは「マーケットの需要の変化が非常に速く、迅速な対応が不可欠なコンシューマー・リテール業界は、世界最大規模のグローバルネットワークおよび高度に品質管理されたプロセスを誇るDHLサプライチェーンの強みが生かされる業界。今回の投資は当社の市場での優位性と今後の成長性に対する自信の表れとなる。グローバルでのベストプラクティスや日本市場を熟知したノウハウ、長年培ったファッションロジスティクスの専門知識を活用して、顧客のニーズの一歩先を行くサプライチェーンソリューションで顧客のビジネスをサポートし、共に成長を図っていく」と述べている。

<起工式の様子>
20220824DHL1 520x293 - DHLサプライチェーン/千葉県八千代市に4万m2の新施設着工

同施設の総面積は4万699m2(約1万2000坪)、ラグジュアリーライフスタイル商品をはじめとしたコンシューマー・リテール業界に特化し、最適な物流サービスを提供するマルチユーザー型の施設。竣工は、2023年末の予定。

<完成予想図>
20220824DHL2 520x293 - DHLサプライチェーン/千葉県八千代市に4万m2の新施設着工

DHL八千代ロジスティクスセンターは国道16号線に隣接し、空港や港湾施設へのアクセスにも優れた戦略的な立地。また、DHLサプライチェーンが独自にネットワークを構築し、主要小売店及び商業施設向けに毎日運行しているファッション便の主要ルート上でもあることから、ファッション・アパレル業界を中心とした顧客の効率性と利便性を実現する。

同施設は環境に配慮したサステナブルな設計となっており、倉庫やオフィスのエネルギー需要に対応する太陽光発電設備、雨水の再利用設備、モーションセンサー付きLED照明等の設備を備えている。また、スタッフの自転車通勤をサポートし、二酸化炭素排出量の削減を図るため、従業員用の屋根付き駐輪場も整備。さらに同施設では、U.S Green Building Councilによる国際的なグリーンビルディングの認証制度であるLEED認証のゴールド取得を目指している。

■概要
名称:DHL八千代ロジスティクスセンター
建設主:DHLサプライチェーン
所在地:千葉県八千代市神久保120-8
延床面積:4万699m2 (約1万2000坪)
構造/階数:鉄骨造(基礎:RC造) 地上4階建倉庫棟+地上5階建オフィス棟
設計施工:佐藤工業
竣工予定:2023年末

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース