LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

TRUST SMITH/1000台規模のAGV最適制御技術を提供開始

2022年09月27日/IT・機器

東大発のAIベンチャーTRUST SMITHは9月27日、独立研究機関「Black Stone Algorithm Institute(BSAI)」を設立し、数台~1000台規模のAGVの最適制御を実現する独自の技術「PYUTHIA」を提供開始したと発表した。

同プロダクトは、これまで困難であった数台~1000台規模のAGVの経路長の最適化を実現し、大規模工場の場内物流の効率が最大1.5倍になるという。

<自動化が進む物流現場イメージ>
20220927trsut1 520x293 - TRUST SMITH/1000台規模のAGV最適制御技術を提供開始

大規模工場の物流自動化には複数のAGVの協調動作が必要となるが、これには高度な群制御アルゴリズムが必須となる。しかし、「従前のAGV群制御には、適切に協調指令が行えておらず、AGVどうしの経路が衝突してしまう、制御できる台数に制約がある、経路長を最小化できておらずAGVに遠回りをさせてしまう、などの課題があった」と同社。

独自のAGV群制御システム「PYUTHIA」は、工場・倉庫内でAGVどうしが衝突しない経路を計算するだけでなく、最短で搬送可能なルートを計算し「経路長の最適化」も実現する。この結果、圧倒的な搬送効率を実現。時空間(space-time)上での高度な探索手法を用いることで、従来の群制御技術と比べ大幅に経路長を削減、効率を最大1.5倍に向上する。

<比較動画:最適化を行わない場合のAGVの動き>

<比較動画:BSAIの群制御アルゴリズムで最適化した場合のAGVの動き>

圧倒的な搬送効率を実現することで、従来必要だったAGVの台数を大きく削減し、大規模なAGVの導入時の初期費用を抑え、より安全に多くの現場へAGVを導入できる。また、従来技術のような予期しない遠回りが生じず、計画時点からAGVの到着予定時刻をズレることなく把握でき、現場のオペレーション全体の最適化を図ることが可能となる。

今後、BSAIは独自のAGV群制御アルゴリズム「PYUTHIA」の更なる研究開発を進め、より効率的なシステムを製造業・物流業に提供していくとともに、物流現場における機械・設備の最適な運用計画を実現する最先端のアルゴリズムを研究開発し、社会実装を通じて『最先端のアルゴリズムによる最適な世界の実現』を目指すとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース