LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JPR/納品伝票電子化・共有システムのサービス提供開始

2022年09月28日/IT・機器

日本パレットレンタル(JPR)は9月28日、納品伝票電子化・共有システム「epal DD Plus」(イーパルディーディープラス)のサービス提供を9月28日より開始すると発表した。

<紙伝票に起因する物流現場の課題>
20220928jpr 520x194 - JPR/納品伝票電子化・共有システムのサービス提供開始

epal DD Plus は、各種製品の輸配送の際に発行される納品伝票を電子化・共有化することで、発荷主、着荷主および物流事業者の業務効率化と生産性向上を実現するシステム。

epal DD Plus は、標準データフォーマットに準拠し、かつ 1万4000IDが稼働するJPRパレット管理システムと連携する、これまでにない物流情報電子化ソリューションとなっている。

epal DD Plus の導入によって、現状の紙伝票で生じている、伝票発行や照合の業務を効率化する。紙に印字されている情報をデジタルデータとして送受信することで、人手に頼っていた作業を効率化する。

また、デジタル化されたデータを活用して検品作業の効率化を実現する。epal DD Plus で電子化された情報(従来は紙に印字されていた情報)を活用することで、検品の省力化に役立てることができる。伝票情報に賞味期限等の情報を付加したASNを作成し検品レスを導入することで、ドライバーの手待ち・検品・手続き時間を1日あたり約10%から約36%短縮することができる。

さらに、epal DD Plus では、パレットの個体番号と積載物を紐づけた情報を取り扱うことも可能。車両単位で生成される伝票情報デジタル化することに加え、賞味期限情報などを追加、さらにはパレットと積載物の紐づけも見据えた拡張性のあるシステムとなっている。

現在、物流業界では、労働力不足を背景とした物流危機が叫ばれており、とりわけトラックドライバーの不足は「2024年問題」として、社会的な問題となっている。現代の物流は、個々の企業の物流システムが高度に管理されている一方で、企業間で共有ができていない情報が存在している。epal DD Plus は、納品伝票を電子化することによって、ペーパーレスを実現するだけでなく、検品の省力化等によって企業と企業のつなぎ目をスムーズにする。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース