LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

コクヨロジテム/働き方改革で、フレックスタイム取得率50%越え

2022年10月05日/3PL・物流企業

コクヨロジテムは10月5日、オフィス勤務者のフレックス制度利用率が50%を越えたと発表した。

また、 コクヨロジテムは2022年1月にフレックスタイム制度を配送センター勤務者にも導入し、積極的に活用している。

<フレックスタイム制度 体験後アンケート(配送センターで働く170人を対象として実施)>
20221005kokuyo1 520x241 - コクヨロジテム/働き方改革で、フレックスタイム取得率50%越え

同社では、2009年にオフィス勤務者に導入したフレックスタイム制度の直近の取得率は51%で安定的に利用されている。 また今年導入した配送センター勤務者の取得率は、制度導入後半年で既に45%に達しており、「現場でなじまない」ことはないと証明された。

<配送センター勤務者の取得率も既に45%>
20221005kokuyo2 520x390 - コクヨロジテム/働き方改革で、フレックスタイム取得率50%越え

制度体験後のアンケートによると「働き方に変化を感じた」57%、「心身共に余裕が生まれた」75%という結果となった。実際に「定時時間より1時間早く帰ることで家族との時間が作れた」「いつもより30分遅く出社することで、朝のラッシュに巻き込まれずに出社できた」などといった声があがっている。

この取り組みはボトムアップで進めており、現場で働く社員の声が発端となり制度化された。物流現場の新しい働き方の選択肢の一つとしてフレックスタイム制度を導入することで、私たちは個人のライフスタイルに合わせたメリハリのあるwell-beingな働き方が可能だと考えている。「働き方の限界」や「可能・不可能」という先入観を払拭し、多様な人がイキイキと働き、ワークライフバランスを実現することができる、コクヨロジテムはそのような働き方改革を模索していくとしている。

なお、物流業界では2024年問題等、人材にまつわるさまざまな課題がある中で、コクヨロジテムでは働き方改革を積極的に推進しており、その一つがフレックスタイム制度導入となっている。社会では働き方改革が進み、フレックスタイム制度等も浸透してきている一方で物流業界では厳しい条件の納期慣習から、このような制度が十分に導入されているとはいえない。そのためフレックスタイム制度導入は物流業界では珍しく、非常に運用が難しいと言われている。コクヨロジテムは果敢に挑戦し、多様な人財獲得とその定着を目指している。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース