LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

Cargo One GmbH/日本貨物航空の貨物スペースの取り扱い開始

2022年11月08日/3PL・物流企業

cargo.oneは11月8日、日本の顧客向けに日本貨物航空(NCA)の日本発の貨物スペースの即時デジタル予約を開始したと発表した。

<Cargo Oneのロゴマーク>
20221108cargoone 520x87 - Cargo One GmbH/日本貨物航空の貨物スペースの取り扱い開始

今週からcargo.oneは、多くの需要がある成田(NRT)発、香港(HKG)行きのオンライン予約を開始したもの。さらに、需要に応じて人気のあるルートを今後も追加予定だ。フォワーダーは、NCAの貨物スペースの予約に最適なマーケットプレイスの利用が可能になる。

2020年より、ドイツ、オランダ、イタリア、ベルギーなどのヨーロッパの主要な貨物市場でcargo.oneを利用しているフォワーダーからは、すでにNCAのスペースに素早く便利にアクセスできると好評を得ている。これより、 日本のフォワーダーもNCAの貨物スペースを予約する際に、シームレスなデジタル予約体験と効率の向上による恩恵を受けることができるようになる。

cargo.oneの水野陽一 日本カントリーマネージャーは「日本のフォワーダーがcargo.oneからより多くのNCAの予約をデジタルで行えるようになったことは素晴らしいニュース。当社のマーケットプレイスは、フォワーダーに大きなデジタル化のメリットをもたらすことができる。通常、航空貨物の出荷の計画から予約までに必要な時間を50%削減する。今後もNCAからより多くのスペースのオプションを提供できるようになることを嬉しく思う 」とコメントしている。

なお、日本貨物航空とcargo.oneは世界中で協力し、真に顧客中心のデジタル予約体験を含む、最大限のデジタル化のメリットをフォワーダーに提供している。cargo.oneは、アジアの主要な航空貨物航空会社5社と提携しており、アジア太平洋地域で主導的な地位を占めている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース