LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ラピュタ/日本ロジテムがPA-AMR採用でECピッキング処理倍増

2022年11月08日/IT・機器

ラピュタロボティクスは11月8日、自律走行型協働搬送ロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」が日本ロジテムの横浜第一営業所で採用されたと発表した。

<日本ロジテム 横浜第一営業所で稼働するラピュタPA-AMR>
20221108rapyuta 520x347 - ラピュタ/日本ロジテムがPA-AMR採用でECピッキング処理倍増

20221108rapyuta1 520x347 - ラピュタ/日本ロジテムがPA-AMR採用でECピッキング処理倍増

日本ロジテムは、新型コロナウイルスによる消費行動の変容や逼迫する物流需要、労働人口の減少による人員不足などへの対策として、自動化ソリューションを活用した省人化・省力化の術を模索していたが、高額で大規模な自動化ソリューションは3PL事業として費用回収のリスクが高く、導入が困難な状況だった。

そのような中、汎用性と柔軟性が高く3PLの事業特性にマッチしている点を評価し、ラピュタロボティクスが提供するPA-AMRの導入を決定。導入効果として、従来比で約2倍のECピッキング処理が可能となり、あわせて生産性も向上した。

日本ロジテム 横浜第一営業所では、オペレーションが店舗ピッキングとECピッキングの2本体制となっており、今回はECピッキングのみをロボットで対応し、店舗ピッキングはこれまで通りカートピッキングで対応する形を採用した。今後は、効果をみて店舗ピッキング業務への導入も検討していく方針だ。

<特殊サイズのオリコン3つを積載できるようにトレーをカスタマイズ>
20221108rapyuta2 - ラピュタ/日本ロジテムがPA-AMR採用でECピッキング処理倍増

導入したラピュタPA-AMRは、特殊サイズのオリコンを3つ載せられるようにトレーを拡張改造。また、1台で複数オーダーを同時対応可能とし、1回でより多くのピック作業ができるようにプログラムを変更している。そのほか、ラック以外で商品を保管しているエリア(パレットで保管しているエリア)での対応も可能となっている。

また、ラピュタPA-AMRの操作画面は、誰でも簡単で直感的に使用できるユニバーサルデザインを採用しており、新人スタッフや日本語が堪能ではない海外メンバーでも30分でロボットの操作をマスターし、ベテランスタッフと同等の生産性を出すことが可能となっている。

今後は、各種設定の微調整やシステムのバージョンアップなどのカスタマーサポートにより、さらなる生産性向上を達成する見通し。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース