LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

IDプロジェクト/鹿児島県でドローン異種複数機運用、長距離飛行

2022年11月11日/IT・機器

森建設、鹿児島県瀬戸内町、石川エナジーリサーチ(IER)、エアリアルワークス(AW)、ANAホールディングス(ANAHD」)、双日九州は、新たなコンソーシアム「ID(いつでもどこでも)プロジェクト」として、鹿児島県瀬戸内町で異種複数機の運用および長距離飛行を使ったドローン配送サービスの検証を開始すると発表した。

<実証実験イメージ>
20221111kagoshima1 520x106 - IDプロジェクト/鹿児島県でドローン異種複数機運用、長距離飛行

この実証は、鹿児島県の「鹿児島県地域課題解決型ドローン実証実験」にて採択された。

この実証では、離島でのドローン配送サービスの実装に向け、鹿児島県瀬戸内町古仁屋港から二次離島である加計呂麻島・与路島に向けて、食料品・日用品をドローンで配送する実証実験を行う。有人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル4)を見据えた実証実験として、無人地帯での目視外飛行(レベル3)運航を含め、離島に暮らす人々が、本土と同様に食料品や日用品などを受け取れる今後の物流サービス構築および継続的な運用にむけた検証を行う。

離島に暮らす人々が、本土と同様に食料品や日用品などを注文後に商品を自宅近くで当日受け取れるシステムの構築や、構築したシステムをもとにANAHDとIERがそれぞれ異なるドローンを運航し、島民からの注文商品を配送し、異種複数機材の飛行による事業者間の連携を行う。また、AI自動監視カメラによるドローンポートの無人化、低遅延配信の検討に加え、IERが提供するハイブリッドドローンにて、約32kmの長距離飛行を目指す。

このコンソーシアムは、鹿児島県の地元事業者と連携して、シームレスなドローン配送システムを構築し、今後も地元の課題解決を目標に新たな産業として、ドローン物流事業の社会実装を目指す。

<実証実験の経路>
20221111kagoshima2 - IDプロジェクト/鹿児島県でドローン異種複数機運用、長距離飛行

実証実験概要では、目的を離島(奄美群島)におけるドローン物流サービスの確立に向け、瀬戸内町内のスーパーから加計呂麻島・与路島への食品配送サービスを検証とし、2022年11月21日~11月25日 8:00~17:00(日没まで) まで行う。飛行区間は鹿児島県瀬戸内町Aコープ瀬戸内店~経路1:旧押角小中学校(ANAHD運航)、経路2:与路港(IER運航)となっている。

配送物は、スーパーマーケット Aコープ瀬戸内店で取り扱う食品・日用品の一部。配送対象者は主に加計呂麻島、与路島の島民となる。

各社の主な役割は、森建設が全体管理・調整、瀬戸内町が地元調整、ANAHDが事業運営支援、ドローンの遠隔運航、双日九州がドローンポートAI自動監視カメラの設置・調整・配信、エアリアルワークスが映像コンテンツ制作、石川エナジーリサーチがドローンの遠隔運航、機体提供となっている。

■使用機材諸元
1.マルチコプター型(ANAHD運航)
大きさ:1.17×1.06×0.52(m)
搭載可能重量:0~1.7kg(バッテリー重量による)
運用最大飛行速度:10m/s
2.マルチコプター型(IER運航)
大きさ:1.15 ×1.15 ×0.9(m)
搭載可能重量:0~0.5kg
運用最大飛行速度:60km/h(無風時)

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース