LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SGHD/LGBTQに関する取組「PRIDE指標」2年連続シルバー認定

2022年11月11日/CSR

SGホールディングス(HD)は11月11日、LGBTQ+の取り組みを評価する「PRIDE指標2022」において「シルバー」に認定されたと発表した。昨年に引き続き、2年連続での「シルバー」認定となる。

<「PRIDE指標」でシルバー認定>
20221111sghd - SGHD/LGBTQに関する取組「PRIDE指標」2年連続シルバー認定

「PRIDE指標」は、日本初の職場におけるLGBTQ+などセクシュアル・マイノリティへの取り組みの評価指標として、2016年に任意団体「work with Pride」が策定。Policy (行動宣言)、Representation (当事者コミュニティ)、Inspiration (啓発活動)、Development (人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つの指標で企業の取り組みを評価するもの。

SGHDでは、女性活躍推進にとどまらず、LGBT、外国籍従業員、障がい者、シニア人材などすべての従業員の活躍をサポートするため、D&Iを推進するさまざまな取り組みを行っている。

LGBT分野においては、グループ全体のD&I推進の取り組みを加速させることを目的に、経営層をはじめ、管理職、人事担当者向けにLGBTへの理解を深めるセミナーを2020年度から開催し、先進企業の取り組みや職場で望まれる対応についての周知を進めてきた。

2022年度は、社内だけではなく、顧客にもLGBT当事者がいることを前提に従業員が行動できるようになるため、より顧客との接点が多い係長・課長層を対象にセミナーを実施。セミナーでは同性愛者やトランスジェンダーの存在を前提とした他企業のサービス事例や、その前提がなく顧客対応をした結果の事例などを学び、それぞれが思い込んでいる「当たり前」を時代に合わせてアップデートすることの重要性について啓発した。

また、LGBT当事者のみならず、当事者の上司や同僚、人事担当者が対応方法について相談できる「LGBTに関する専用相談窓口」の運用やイントラネットを通じたLGBTに関するニュースの定期的な配信など、全社的なALLY(支援者)活動を展開することに備えた取り組みも行っている。
 
これからもSGホールディングスグループは、LGBTへの取り組みを通じてすべての従業員にとって働きやすい企業風土を醸成し、多様な価値観を尊重する企業グループを体現する取り組みを続けていくとしている。

関連記事

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース