LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱重工/キリンの飲料ピッキング自動化へ、共同実証開始

2022年11月21日/IT・機器

三菱重⼯業と同社のグループ会社である三菱ロジスネクストは11月21日、キリングループのキリンビバレッジ、キリングループロジスティクスと、飲料倉庫への⾃動ピッキングソリューション導⼊に関する共同実証を11⽉から開始すると発表した。

<三菱重⼯の実証施設「LogiQ X Lab」>
20221121mitsubishi1 520x352 - 三菱重工/キリンの飲料ピッキング自動化へ、共同実証開始

三菱重⼯グループが開発した⾃動ピッキングソリューションを、物流オペレーターにとって負荷の⾼い荷役作業が求められる飲料倉庫へ導⼊することを目指し、三菱重⼯が横浜・本牧で運営するものづくりの共創空間「Yokohama Hardtech Hub(YHH)」内の実証施設「LogiQ X Lab(ロジックス・ラボ)」で、⾃動ピッキングシステムの運⽤プロセス確⽴や検証などを⾏う。共同実証は2023年6⽉末までに完了する予定。

<自動ピッキングの仕組み>
20221121mitsubishi 520x295 - 三菱重工/キリンの飲料ピッキング自動化へ、共同実証開始

三菱重⼯グループの⾃動ピッキングソリューションは、これまで作業者⾃⾝が効率化を考えながら⾏っていたピッキング作業を、三菱重⼯が研究開発を進めるロボットプラットフォーム「ΣSynX(シグマシンクス)」によって⾃動化・知能化したもの。独⾃開発の最適化エンジンや統合制御システムによって、複数のAGF(無⼈フォークリフト)、AGV(無⼈搬送⾞)、パレタイザーを効率的に連携させて搬送・ピッキング回数を削減し、ピッキング⼯程の最適化とスループット(処理能⼒)向上を実現する。

<AGFによる出庫>
20221121mitsubishi2 520x693 - 三菱重工/キリンの飲料ピッキング自動化へ、共同実証開始

<AGFとAGVの連携>
20221121mitsubishi3 520x693 - 三菱重工/キリンの飲料ピッキング自動化へ、共同実証開始

<AGVによる搬送>
20221121mitsubishi4 520x693 - 三菱重工/キリンの飲料ピッキング自動化へ、共同実証開始

<パレタイザーによるピッキング>
20221121mitsubishi5 520x693 - 三菱重工/キリンの飲料ピッキング自動化へ、共同実証開始

キリングループでは、⼯場の⾃動化が進められている⼀⽅で、倉庫の物流は有⼈フォークリフトや作業者による⼿作業が中⼼となっており、物流オペレーター不⾜や重量物ピッキングへの対策といった労働環境の改善が課題となっている。

今回の実証では、キリンビバレッジの倉庫オペレーション条件下で、AGF、AGV、パレタイザーを連動させるとともに、ΣSynXによる最適化制御の検証を実施し、安全に配慮した倉庫物流現場の課題解決を⽬指す。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース