LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

福山通運と小丸交通財団/相模原市立並木小学校で交通安全教室

2022年11月25日/CSR

福山通運株及び小丸交通財団は11月25日、同月16日に相模原市立並木小学校(神奈川県)において、4年生63名を対象に交通安全教室を開催したと発表した。

並木小学校は、車の交通量が多い幹線道路が近くにあるため、登下校中の交通事故防止や交通安全意識の向上を図りたい相模原市中央区役所の要請を受け、トラックの特性や危険性の実体験や、交差点や横断歩道における安全行動等について体験学習を行った。

<トラックの内輪差の説明>
20221125fukutuu3 520x390 - 福山通運と小丸交通財団/相模原市立並木小学校で交通安全教室

<トラックの死角の説明>
20221125fukutuu4 520x390 - 福山通運と小丸交通財団/相模原市立並木小学校で交通安全教室

参加した児童からは「運転席から見えないところがたくさんあったので、周りで遊ばないようにします」など、交通安全意識を強くした感想があった。

同社はこれからも子どもたちの交通事故が1件でも減少するように、警察署や自治体と連携して交通安全の啓発に努めていくとしている。

小丸交通財団は、交通安全思想の普及啓発活動を目的として2013年9月9 日に創立され、全国の小学校を中心とした交通安全教室の開催や交通事故防止の啓発活動を行っている。また、海外で日本語を学ぶ学生に学習成果を発表する機会を提供し、交通安全意識の向上や日本との文化交流を目的に日本語作文スピーチコンテストを開催するなど、持続可能な開発目標(SDGs)を支援している。

関連記事

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース