LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/グローバル人財育成へ、グループ合同で経営塾実施

2022年12月26日/SCM・経営

PR記事

商船三井は12月26日、グローバル・グループでの人財育成プログラムの一つとして、今年9月13日から12月15日にかけて「One MOL グローバル経営塾」を開講したと発表した。

「One MOL グローバル経営塾」は、多様性組織におけるマネジメント力を向上させ、将来のグローバル経営を担う幹部スタッフを育成することを目的に2006年度から開始したグループ合同研修。これまでに国内外の商船三井グループ社員約190名が修了した。今年は日本を含む世界6か国から8名が4か月間のプログラムに参加した。

<2022 年度「One MOL グローバル経営塾」参加者>
20221226sdyousenmitui1 520x291 - 商船三井/グローバル人財育成へ、グループ合同で経営塾実施

<社長(写真中央)を囲んでの対話会>
20221226syousenmitui2 520x389 - 商船三井/グローバル人財育成へ、グループ合同で経営塾実施

今年度は、DXやサステナビリティなど外部環境変化の最先端を学ぶプログラムや、戦略的思考、リーダーシップに関する集中セッション、社長との対話会を実施し、最終日には各受講生が「私の考えるMOLグループビジョン2035」と題したプレゼンテーションを、商船三井の経営陣へ行った。

商船三井は、2023年度開始予定の次期経営計画において、商船三井グループの人財を新たな価値を創造する「人的資本(Human Capital)」と捉え、2023年1月には「Human Capital Strategy Division」を新設する。海外の地域組織を含めた人的資本に関する全般政策を企画実行する体制を始動し、新たな人財戦略を策定する予定だ。

商船三井グループは今後も「One MOLグローバル経営塾」をはじめ、人財育成をグローバル・グループで進め、グローバルな環境でグループの価値観・行動規範である MOL CHARTS を体現し、成果・価値を生み出せる多様な人財を育成すると共に、イノベーティブな発想やチャレンジングな取り組みを推進する組織を創るとしている。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース