LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/工場・倉庫内での熱中症防ぐ遮熱屋根材を本格運用

2023年01月05日/IT・機器

PR記事

大和ハウス工業は1月5日、室内の暑さの原因となる屋根の放射熱を、一般的な折板屋根と比較して80%以上抑制する「低放射折板屋根」を開発し、今年1月から本格運用を開始すると発表した。

放射熱とは、物体表面から放出される電磁波(遠赤外線)が他の物体に吸収されて発生する熱のこと。高温の物体ほど強い電磁波を放出する。

<「低放射折板屋根」の施工事例>
2023505daiwa1 520x390 - 大和ハウス/工場・倉庫内での熱中症防ぐ遮熱屋根材を本格運用

「低放射折板屋根」は、折板屋根の下面に低放射裏貼材を接着することで放射熱を抑えることができる屋根材。アルミ系遮熱シートとガラス繊維系断熱材を組み合わせた独自の低放射裏貼材が、日射で高温になった屋根の放射熱を抑え、一般的な折板屋根と比較して80%以上抑制する。

同社が2018年6月と2018年8月に実施した実証実験では、暑さに対する効果検証を行うために同一建物に「低放射折板屋根」と一般的な折板屋根を採用した。その結果、「低放射折板屋根」を採用した室内の体感温度は、一般的な折板屋根の室内と比較して3℃低減できることを確認した。

<高い施工性と導入コストの抑制を実現>
2023505daiwa2 520x199 - 大和ハウス/工場・倉庫内での熱中症防ぐ遮熱屋根材を本格運用

室内での熱中症対策として採用される二重断熱折板屋根や遮熱シートは、一般的な折板屋根と比べ部材や施工工程が多くなり、その分費用が増加するが、「低放射折板屋根」は屋根材となる鋼板と低放射裏貼材を接着した状態で工事現場に搬入され、一般的な折板屋根と同様の工程で施工できる。このため、二重断熱折板屋根と比較すると、暑さの軽減効果は同等でありながら、導入費用を7割程度に抑えられる。

猛暑日が年々増加するなか、工場や倉庫などでは労働災害の観点から従業員の熱中症対策が課題となっている。2022年6月の熱中症による全国の救急搬送者数は、前年の約3.2倍となる1万5969人と、調査開始以来で過去最多(日本気象協会の報道参考資料より)。また熱中症は屋外だけではなく室内でも多く発生しており、特に工場や倉庫などで作業する製造業では、熱中症の約半数の46%が室内作業時に発症している(2021年の業種別屋内災害割合 厚生労働省HP「職場でおこる熱中症」より)。

その一因となるのが、屋根からの強い放射熱。工場や倉庫の多くに採用される折板屋根は、軽量で一定の強度を持つ一方、日射により高温化しやすく、強い放射熱によって室内が暑くなるため、室内作業中の従業員などが熱中症を引き起こす恐れがある。同社は、「低放射折板屋根」を空調設備を導入しない新築の工場や倉庫などを対象に、2019年3月から一部エリア(関東、中部、関西圏)で先行採用していたが、今年1月から36都府県で本格運用を開始する。同製品は、関連特許出願済み。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース