LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/関西初ALFALINKプロジェクトの1棟目を着工

2023年01月11日/物流施設

PR記事

日本GLPは1月11日、大阪府茨木市で延床面積16万5000m2の大型物流施設「GLP ALFALINK茨木1」を着工し、同日に起工式を行ったと発表した。

<「GLP ALFALINK茨木1」完成イメージ>
20230111glp 520x286 - 日本GLP/関西初ALFALINKプロジェクトの1棟目を着工

「GLP ALFALINK茨木1」は、大規模面開発の物流施設ブランド「ALFALINK」の関西初物件となる「GLP ALFALINK茨木」プロジェクトで1棟目となる施設。同プロジェクト最大規模の大型マルチテナント型物流施設として、2024年7月の竣工を予定している。

地上6階建ての同施設は4つのフロアコンセプトによるハイブリッド型施設となっており、1階には両面バースを完備し、一部に冷蔵対応の区画を整備することで、近年物量が増加している冷蔵倉庫の旺盛なニーズに対応する。

2~5階はEC需要に対応した庫内自動化や、工場対応を含む幅広いニーズに対応可能な施設設計を採用する。

最上階の6階にはトラックターミナル区画が設け、佐川急便を誘致。同施設の入居企業は、このターミナルを利用することで荷物の出荷・集荷を効率化することができる。

そのほか、トラックが各階にアクセスするためのランプウェイを2基設置。一区画あたりの面積は、1000~5000坪と柔軟性な区画設定に対応する。

BCP面では、非常用発電機や防災センターを2階に設置し、浸水や地震による停電などの災害に備えるほか、非常時の井水利用を想定した設備設計とする。

環境への取り組みでは、屋上に自家消費型の太陽光パネルを導入し、館内電力の一部を賄う予定。

なお、同施設は「令和4年度(第1回)サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」に選定されており、地域特性や建物特性を踏まえた多様な省エネ対策、従業員のウェルネスに配慮した設備設計、また将来的に災害拠点として機能できる点など、物流施設として先導的なモデルとして評価されている。

<公園と一体感のあるメインエントランス>
20230111glp1 520x286 - 日本GLP/関西初ALFALINKプロジェクトの1棟目を着工

<倉庫棟に設ける従業員向けの休憩室>
20230111glp2 520x286 - 日本GLP/関西初ALFALINKプロジェクトの1棟目を着工

<共用棟に整備するカフェテリアは地域にも開放する>
20230111glp3 520x285 - 日本GLP/関西初ALFALINKプロジェクトの1棟目を着工

また、「GLP ALFALINK茨木1」ではテナント従業員に快適な就労環境も提供する。

倉庫棟には、家のような居心地の良い空間でありながら、企業間の垣根を超えたコラボレーションを誘発する場として、広々とした休憩室を整備する。

共用棟には、併設する公園へとつながるスキップテラス付きのカフェテリアや、売店、託児所などを整備する予定。そして、2階部分には、倉庫棟と共用棟をつなぐブリッジを設置し、歩車分離を行うことで、事業推進における安全性を確保する。

そのほか、施設全体にバイオフィリックデザイン(人間が先天的に持つ「自然を好む性質=バイオフィリア(biophilia)」を設計に採用したデザイン)を採用し、働く環境の快適性を確保しながら就労者の生産性向上にも寄与する。

<「GLP ALFALINK茨木」全体イメージ>
20230111glp4 520x205 - 日本GLP/関西初ALFALINKプロジェクトの1棟目を着工

「GLP ALFALINK 茨木」プロジェクトの開発用地は、大阪府道14号沿いかつ名神高速道路、近畿自動車道、中国自動車道の結節点となる「吹田JCT」から6.2kmの地点に位置。近隣には、トラックターミナルや卸売市場、鉄道貨物ターミナルなどの物流関連施設があり、物流拠点として高いポテンシャルが見込まれるほか、大阪内陸での人口密集地である北摂エリアに立地することから、雇用確保の面でも優位性を備えている。

同プロジェクトは、ALFALINKブランドのコンセプトの一つである「Open Hub」の取り組みとして、地域に開かれた公園と物流施設がシームレスにつながるような施設設計とし、従業員用のメインエントランスと公園に一体感が生まれるようデザインされている。

また、カスタマー同士・来訪者同士をつなぐ仕組みとして、「集まる」「誘う」「繋がる」の3つのゾーニングを行っており、「集まる」ゾーンとしてスポーツコートや公園など人々が目的を持って訪れる施設を、「誘う」ゾーンとしてカフェテリアやフィットネスジムなど集まるゾーンと連携しカスタマーも来訪者も利用したくなる施設を、「繋がる」ゾーンとしてギャラリーやショールームなど情報配信を促し物流をより身近に感じてもらえる施設を配置する計画だ。

そのほか、広大な敷地にはランニングコースやカフェテリアなどの共用スペースを整備し、同敷地に出店予定の商業施設と連携することで、テナント従業員や地域住民、買い物に訪れた人々にとって魅力的なまちづくりを行っていく。

■「GLP ALFALINK茨木1」概要
所在地:大阪府茨木市南目垣・野々宮区画整理事業地内
敷地面積:6万9000m2
延床面積:16万5000m2
構造:地上6階建て、PC免震造
着工:2023年1月
竣工:2024年7月(予定)
認証取得:LEED GOLD認証、ZEB認証(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース