LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日鉄興和不動産/埼玉県狭山市で7.8万m2BTS型物流施設竣工

2023年01月18日/物流施設

PR記事

日鉄興和不動産は1月18日、埼玉県狭山市で建設を進めていた地上4階建て延床面積約7万8000m2のBTS型(特定企業向け)物流施設「LOGIFRONT狭山」を12月28日に竣工したと発表した。

<LOGIFRONT狭山>
20230118nittetsukowa - 日鉄興和不動産/埼玉県狭山市で7.8万m2BTS型物流施設竣工

<地図>
20230118nittetsukowa1 - 日鉄興和不動産/埼玉県狭山市で7.8万m2BTS型物流施設竣工

20230118nittetsukowa2 520x472 - 日鉄興和不動産/埼玉県狭山市で7.8万m2BTS型物流施設竣工

LOGIFRONT狭山は、狭山工業団地の北東部に位置し、圏央道「狭山日高IC」から1.7km、関越自動車道「川越IC」から8.6kmの距離に立地している。

建屋外観は、ブラック×シルバーの外壁にLOGIFRONTシリーズのシンボルである「ビッグL」を配置。内部空間は、単一テナント向け物流施設として、ニーズに合わせて倉庫内部空間をフレキシブルに活用できる柱スパンとし、ブレースを配置しない平面・断面計画とした。また、免震構造を採用し、地震時に従業員の安全確保と荷物の保護に配慮した。そのほか、設備面では全館空調の採用、庫内動線の効率化など、従業員の働きやすい職場環境の整備を図っている。

■「LOGIFRONT狭山」概要
所在地:埼玉県狭山市広瀬台2-591-28
交通:圏央道「狭山日高IC」1.7km、関越自動車道「川越IC」8.6km
敷地面積:3万8757.56m2
延床面積:7万8187.75m2
構造・階数:免震PCaRC・S造(APRSS構法)・4階建
設計・監理:フクダ・アンド・パートナーズ
施工:安藤・間
工期:2021年8月2日~2022年12月28日

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース