LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ハマキョウレックス/4~9月の売上高3.7%増、営業利益0.2%増

2023年10月27日/決算

PR記事

ハマキョウレックスが10月27日に発表した2024年3月期第2四半期決算によると、売上高673億6300万円(前年同期比3.7%増)、営業利益56億4000万円(0.2%増)、経常利益60億6300万円(0.4%減)、親会社に帰属する当期利益37億5500万円(2.5%増)となった。

物流センター事業の売上高は423億7600万円(4.2%増)、営業利益は49億8400万円(1.6%増)となった。増収増益の主な要因は、物流センター運営の充実と前連結会計年度及び当連結会計年度に受託した新規センターが順次業績に寄与したこと、2023年6月に京阪久宝HDの子会社化によるもの。2023年7月に子会社化したサカイグループについては、第3四半期以降、順次業績への寄与を見込んでいる。

新規受託の概況は、7社の物流を受託している。稼働状況については、前期受託した1社を含めた8社のうち7社が稼働している。残り1社については、第3四半期以降の稼働を目指して準備を進めていくとしている。なお、物流センターの総数は、188センターとなっている。

貨物自動車運送事業の売上高は249億8600万円(2.9%増)、営業利益は6億5200万円(9.5%減)となった。増収の主な要因は、輸送物量が低調であったものの、運賃値上げ交渉による効果や2023年4月に山里物流サービスを子会社化したことによるもの。減益の主な要因は、積載率の向上、輸送コストの抑制に取り組んだが、輸送物量減少による売上高の減少の影響等を受けたことによるもの。

通期は、売上高1390億円(5.4%増)、営業利益121億円(4.8%増)、経常利益128億円(4.0%増)、親会社に帰属する当期利益77億円(4.0%増)を見込んでいる。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース