LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





国交省/豊田自動織機のフォークリフト用エンジン排出ガス試験で不正行為

2024年01月29日/IT・機器

PR記事

国土交通省は1月29日、豊田自動織機より、フォークリフト等の産業機械用エンジンの型式指定申請における排出ガス試験等に係る不正行為に関する同社の調査結果の報告を受けたと発表した。

それによると、産業機械用の現行エンジンの全機種(5機種)で不正行為を確認したこと、2023年3月の報告で基準不適合としていた2機種に加え、新たに1機種で基準不適合を確認したこと、自動車メーカーに供給している自動車用エンジン3機種でも不正行為を確認したこと等の報告があった。

型式指定申請において不正を行うことは、ユーザーの信頼を損ない、かつ、自動車認証制度の根幹を揺るがす行為であり、今回更なる不正行為が明らかになったことは極めて遺憾。

国土交通省としては、道路運送車両法等に基づき、同社に対して更なる調査を実施し、その結果に基づき、厳正に対処していくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース