LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ロジスティード/クラベ、ユニ・チャーム、鴻池運輸と物流環境大賞「特別賞」

2024年06月21日/3PL・物流企業

ロジスティードは6月21日、日本物流団体連合会主催の第25回物流環境大賞で、同社、クラベ、ユニ・チャーム、鴻池運輸、同社社グループ会社のロジスティードエクスプレスが共同で実施した「2社間のラウンドユースによる CO2排出量削減への取り組み」が「特別賞」を受賞したと発表した。

<取り組みのイメージ図>
20240621logisteed - ロジスティード/クラベ、ユニ・チャーム、鴻池運輸と物流環境大賞「特別賞」

これまで、クラベは鴻池運輸などとともに海外から資材の輸入を、一方ユニ・チャームはロジスティードエクスプレスとともに製品の海外輸出を、それぞれ実施。今回受賞した取り組みは、クラベの都田北工場で荷卸しが終わった空コンテナをユニ・チャームの掛川 DCまで転送し、製品の輸出に転用するもの。2社間でコンテナをラウンドユースすることにより、CO2 排出量とドライバーの運転時間を削減した。

取り組みのポイントは、「既存の輸入・輸出作業体制を維持」、「海外におけるコンテナのコンデションチェック体制を構築し、日本からの輸出時のコンテナ品質を担保」、「本船スケジュールに合わせ、クラベ都田北工場での荷卸し~空コンテナ転送~ユニ・チャーム掛川DCでの積み込み~港搬入までのスケジュールを関係者間で綿密に調整する体制を構築し、2社間のオンタイムラウンドユースを実現」としている。

効果(対象運行回数を380回/年と想定)として、「年間のCO2排出量を最大で従来比マイナス 35%となる 41.04t削減(118.94t→77.9t)」、「年間のドライバーの運転時間を最大で従来比マイナス 38%となる 1140 時間削減(3040時間→1900時間」と見込んでいる。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース