LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





伊藤忠商事/最新ドローンで医療機器輸送実証実験

2024年06月24日/IT・機器

伊藤忠商事は、eVTOL型ドローンによって北海道・内浦湾を横断し、医療機器を輸送する実証実験を実施した。

<輸送ルートイメージ>
20240624itochu1 - 伊藤忠商事/最新ドローンで医療機器輸送実証実験

<飛行中の最新eVTOL型ドローン「W198」>
20240624itochu2 - 伊藤忠商事/最新ドローンで医療機器輸送実証実験

内浦湾をドローンが横断することは本邦初となる。

日本では、2022年12月の改正航空法によりレベル4(有人地帯における目視外飛行)が解禁され、ドローンの活用領域が大きく拡大している。また、医療機器はその性質から、輸送にあたって緊急性及び定時性の両方が求められる一方で、その物流を担うインフラ及び輸送人員の維持、並びに離島・山間・ BCP対応での安定供給が課題となっている。ドローンによって、全自動かつ高速で医療機器を搬送することは、このような社会課題に大きく寄与する可能性を秘めている。

今回の実証実験は、竹山、ドローン大学校を共同実施者、AIR WINGSを協力企業とした共同実験として実施。実験内容としては、伊藤忠商事が2022年3月に資本業務提携・販売代理店契約を締結したドイツのWingcopter GmbH社製のeVTOL型ドローン「W198」を使い、竹山が提供する急性期脳梗塞血栓回収に用いる医療機器等を輸送した。

また、室蘭市潮見公園(イタンキ浜)から茅部郡森町(森漁協)まで、陸路だと2時間以上かかる距離を、内浦湾を空路で横断することで、最短約28分で輸送することができた。

■プロジェクトにおける各社役割
伊藤忠商事:実証実験のとりまとめ、機材提供、運航
竹山:医療機器の監修、提供
ドローン大学校:無人航空機操縦者技能証明の取得に向けた教育
AIR WINGS:運航支援

<「W198」>
20240624itochu3 - 伊藤忠商事/最新ドローンで医療機器輸送実証実験

■使用ドローン「W198」詳細
製造会社:ドイツWingcopter社
モデル:W198
最大積載量:最大4.5kg
耐風性:平均15m/s 突風時20m/s
巡行速度(標準):90km/h
最大飛行距離:110km
本体L x W x H:167cm x 198cm x 66cm
本体重量:24.9kg

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース