LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





厚労省/脳・心臓疾患での過労死等「道路貨物運送業」が最多

2024年07月02日/調査・統計

厚生労働省が6月28日に公表した令和5年度の「過労死等の労災補償状況」によると、脳・心臓疾患に関する事案では、請求件数、支給決定件数ともに業種別(大分類)の「運輸業、郵便業」が244件、75件と最も多く、このうち「道路貨物運送業」が171件、66件で最多となった。

<業種別構成比>

0702korosyo1 - 厚労省/脳・心臓疾患での過労死等「道路貨物運送業」が最多

職種別でみても請求件数、支給決定件数ともに職種別(大分類)の「輸送・機械運転従事者」のうち「自動車運転従事者」183件、64件が最多となっている。

全体での請求件数は1023件で、前年度比220件の増加。うち死亡件数は前年度比29件増の247件。支給決定件数は214件で前年度比20件の増加。うち死亡件数は前年度比2件増の56件となっている。

年齢別では請求件数、支給決定件数ともに「50~59歳」が最多、次いで「60歳以上」だった。

時間外労働時間別(1か月、または2~6か月における1か月平均)の傾向をみると、支給決定件数は「評価期間1か月」で「100時間以上~120時間未満」が最多。また、「評価期間2~6か月における1か月平均」では「80時間以上~100時間未満」が最も多かった。

関連記事

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース