LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





異業種連携/サントリー、ダイキン製品を鴻池運輸等が往復輸送

2024年07月04日/3PL・物流企業

サントリーホールディングス、ダイキン工業、鴻池運輸、NEXT Logistics Japan(NLJ)は7月8日から、持続可能かつ生産性の高い物流の実現に向け、ダブル連結トラックを活用した異業種製品輸送の往復輸送の取り組みを開始する。

<運行スキーム>
20240704konoike1 - 異業種連携/サントリー、ダイキン製品を鴻池運輸等が往復輸送

<サントリ―拠点でのダブル連結トラック>
20240704konoike2 - 異業種連携/サントリー、ダイキン製品を鴻池運輸等が往復輸送

<ダイキン拠点でのダブル連結トラック>
20240704konoike3 - 異業種連携/サントリー、ダイキン製品を鴻池運輸等が往復輸送

サントリーの拠点(山梨県)から関西方面への製品輸送と、ダイキンの拠点(滋賀県)から関東方面への製品輸送においてダブル連結トラックを活用する。鴻池運輸の島田金谷スイッチセンター営業所(静岡県)を発着地としてドライバーを交替する。

ダブル連結トラックの活用により、10トントラック 2台分の荷物を1人のドライバーで輸送できる。1人のドライバーが関東・関西間の全行程を輸送すると、1泊2日の行程となり拘束時間が長時間化するが、中継拠点を設けることでドライバーは日帰り運行ができるようになり、労働環境の改善が見込まれる。また、CO2排出量は10トントラック2台での輸送時と比べ年間約35%削減できる見込みだ。

今後、この運行スキーム開始後の状況に応じて、運行便数の増加やダブル連結トラックの追加導入も検討していく。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース