LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





三井不動産/国内新規開発8物件、東京板橋に25万m2物流施設

2024年07月11日/物流施設

三井不動産は7月11日、来期以降の新規開発物件の概要と東京板橋で開発中の「MFLP・LOGIFRONT東京板橋」が2024年9月末に竣工すると発表した。

新規開発物件は「MFLP横浜新子安」、「MFLP京都八幡Ⅰ」、「MFLP京都八幡Ⅱ」、(仮称)MFLP仙台名取Ⅱ」、「(仮称)淀川区加島物流施設計画」、「(仮称)MFLP杉戸」、「日野DC」、「相模原DC」の8物件。

「MFLP横浜新子安」は、首都高速神奈川1号横羽線「生麦」IC至近、神奈川産業道路や国道15号線へのアクセス良好。首都圏広域への配送に加え、都内配送にも優れた物流立地。

<MFLP横浜新子安外観イメージパース>
20240711mflp21 - 三井不動産/国内新規開発8物件、東京板橋に25万m2物流施設

■概要
名称:MFLP横浜新子安
所在地:神奈川県横浜市
アクセス:神奈川7号横浜北線「岸谷生麦」出入口約0.8km
京浜急行電鉄本線「生麦」駅より徒歩約13分
敷地面積:約6万189m2(約1万8207坪)
延床面積:約13万6641m2(約4万1334坪)
規模:地上5階建/ダブルランプウェイ型
着工予定:2023年10月
竣工予定:2025年2月(予定)

「MFLP京都八幡Ⅰ」 、「MFLP京都八幡Ⅱ」 は、第二京阪道路「八幡京田辺」IC至近新名神高速道路のさらなる開通により、名古屋、大阪、神戸への良好なアクセスが期待できる好立地。

<MFLP京都八幡Ⅰ 、MFLP京都八幡Ⅱ外観イメージパース>
20240711mflp22 - 三井不動産/国内新規開発8物件、東京板橋に25万m2物流施設

■概要
名称:MFLP京都八幡Ⅰ 、MFLP京都八幡Ⅱ
所在地:京都府八幡市
アクセス:第二京阪道路「八幡京田辺」IC2.8km
京阪本線「樟葉」駅よりバス約12分
京阪バス「御幸谷」停留所より徒歩約7分
敷地面積:約11万6103m2(約3万5121坪)
延床面積:Ⅰ:約8万1338m2(約2万4604坪) Ⅱ:約16万6798m2(約5万456坪)
規模:Ⅰ:地上4階建/スロープ型 Ⅱ:地上4階建/ランプウェイ型
着工予定:Ⅰ:2026年2月(予定) Ⅱ:2026年10月(予定)
竣工予定:Ⅰ:2027年7月(予定) Ⅱ:2028年9月(予定)

「(仮称)MFLP仙台名取Ⅱ」は、「MFLP仙台名取Ⅰ」に続く東北エリア第2号物件。周囲の就業環境が良く、雇用確保も期待 市内配送と広域配送の両面に対応可能。

<(仮称)MFLP仙台名取Ⅱ外観イメージパース>
20240711mflp23 - 三井不動産/国内新規開発8物件、東京板橋に25万m2物流施設

■概要
名称:(仮称)MFLP仙台名取Ⅱ
所在地:宮城県名取市
アクセス:仙台東部道路「名取中央」SIC約0.9km
仙台空港アクセス線「杜せきのした」駅より徒歩約12分
敷地面積:約1万5985m2(約4835坪)
延床面積:約3万2248m2(約9755坪)
規模:地上3階建/BOX型
着工予定:2024年9月(予定)
竣工予定:2025年12月(予定)

「(仮称)淀川区加島物流施設計画」 は、SGリアルティとの共同事業。阪神高速11号池田線「加島出入口」に近接、名神高速道路や大阪市内および周辺の主要港へのアクセスも良好通勤利便性も兼ね備える好立地。

<(仮称)淀川区加島物流施設計画の外観イメージパース>
20240711mflp24 - 三井不動産/国内新規開発8物件、東京板橋に25万m2物流施設

■概要
名称:(仮称)淀川区加島物流施設計画
所在地:大阪府大阪市
アクセス:阪神高速11号池田線「加島」IC約0.9km
名神高速道「豊中」IC約5.7km
JR東西線「加島」駅より徒歩6分
敷地面積:約9万3225m2(約2万8200坪)
延床面積:約20万6578m2(約6万2490坪)
規模:地上5階建/ダブルランプウェイ
着工予定:2025年12月(予定)
竣工予定:2027年9月(予定)

「(仮称)MFLP杉戸」は、国道4号線、16号線に近接、関東各方面への配送適地。
様々な温度帯に対応可能な、同社初のマルチ型冷凍冷蔵倉庫として開発。

<(仮称)MFLP杉戸外観イメージパース>
20240711mflp25 - 三井不動産/国内新規開発8物件、東京板橋に25万m2物流施設

■概要
名称:(仮称)MFLP杉戸
所在地:埼玉県北葛飾郡
アクセス:東北自動車道「岩槻」IC約11.0km
圏央道「幸手」IC約11.0㎞
東武伊勢崎線「北春日部」駅より徒歩約24分
春日部コミュニティバス「小淵団地」バス停より徒歩約7分
敷地面積:約7554m2(約2285坪)
延床面積:約1万1877m2(約3592坪)
規模: 地上3階建/BOX型
着工予定:2025年6月(予定)
竣工予定:2026年12月(予定)

そのほか、データセンターとして、東京都日野市で「日野DC計画」、神奈川県相模原市で「相模原C計画」が決定している。

また、都内最大・延床面積25万m2超、三井不動産と日鉄興和不動産による街づくり型物流施設「MFLP・LOGIFRONT東京板橋」が9月末に竣工する。板橋区等と「災害時等における防災施設整備等に関する基本合意書」を締結。地域に開かれた施設として交流イベントを開催する。「板橋ドローンフィールド」を併設し、ドローンによる物流配送、災害時活用、点検等の実証実験の場も提供する。テナントとしてヤマト運輸が入居することが決まっている。

<MFLP・LOGIFRONT東京板橋>
20240711mflp26 - 三井不動産/国内新規開発8物件、東京板橋に25万m2物流施設

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース