LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

郵船ロジスティクス/貨物ダメージを軽減する器具新開発

2011年03月10日/IT・機器

郵船ロジスティクスは3月10日、グループ会社の上海郵申国際貨運が、航空貨物輸送中に起こり得る貨物へのダメージを低減するための器具「ULDコーナーガードコネクター」を独自開発し、実用新案を取得したと発表した。

<ULDコーナーガードコネクター>
20110310yusen1 - 郵船ロジスティクス/貨物ダメージを軽減する器具新開発

<使用例>
20110310yusen2 - 郵船ロジスティクス/貨物ダメージを軽減する器具新開発

<ULD積みつけ作業>
20110310yusen3 - 郵船ロジスティクス/貨物ダメージを軽減する器具新開発

今回中国で実用新案を取得した「ULDコーナーガードコネクター」は強度のない貨物が大量出荷されるときに使用し、カートンの角を固定・保護するもので、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)でできている。

郵船ロジスティクスグループは、航空貨物の輸送品質の向上を目指し、従来から貨物のULD化を進める取り組みを行なっている。これによりカートンの水濡れやへこみといった貨物へのダメージが大幅に低減するとしている。

なお、ULD(UnitLoadDevice)とは、航空貨物運送用パレット。出発地において航空会社に代わってフォワーダーが自社の施設で個々の貨物をULDに積み付けを行い、航空会社に引渡すサービス。到着地では航空会社からフォワーダーがULD単位で貨物の引渡しを受け、フォワーダーが自社の施設でULDから個々の貨物の取り降ろしを行う。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース