川崎汽船/全農と穀物原料輸送で専用船契約

2011年07月14日 

川崎汽船は7月14日、全国農業協同組合連合会(JA全農)との間で、パナマックス型とハンディマックス型による、北米ガルフ・北米西岸・豪州からの穀物原料輸送の専用船契約、並びに特定船による複数系列の連続航海契約を締結したと発表した。

国内の配合飼料の流通量は年間2400~2500万トンで推移しており、JA全農グループの取扱数量は約3割を占めている。今回の契約締結により他の現行契約・スポット契約等も含め同社は年間約200万トン弱の穀物をJA全農グループに輸送することになる。

新造船を含めた同社特定船による長期にわたる計画的輸送で日本への穀物の安定供給と輸送の効率化が可能となり、ひいては国内畜産農家の生産支援の一助となることを目指す、としている。

最新ニュース

物流用語集