センコー/千葉県野田市に延床面積3万㎡の物流センター竣工

2011年10月20日 

センコーは11月1日、千葉県野田市に建設していた「野田第2PDセンター」が竣工し、営業を開始する。

<野田第2PDセンター外観>
20111020senko - センコー/千葉県野田市に延床面積3万㎡の物流センター竣工

同センターは関東地区の物流サービス強化を目的として建設していたもので、地上3階建て、延床面積2万9805㎡の規模。

今年8月、隣接地に野田第1PDセンターを稼働させており、両センター合計の延床面積は約11万㎡で、同社最大の物流拠点となっている。

野田第2PDセンターは、センターの両サイドで延べ32台の同時積卸しが可能、1階部分を高床ホーム、低床ホームに分け、貨物の特性に応じた荷役が可能。

センターの各フロアを結ぶ荷物用エレベーターを4基、垂直搬送機を3基設置など、入出荷のスピード、多様な商品の取り扱いを重視した仕様となっている。さらに、国道16号に隣接し、東北自動車道、常磐自動車道といった高速道路ICから至近で、関東全域への配送サービスが可能。

また、太陽光発電設備、省エネ型照明器具(LED照明)を導入するなど、環境面にも配慮している。

■施設の概要
名称:野田第2PDセンター
所在地:千葉県野田市泉3-4-1
敷地面積:2万1607㎡
建物構造:鉄骨造地上3階建て
延床面積:2万9805㎡
設備:垂直搬送機3基、貨物用エレベーター4基
営業開始:2011年11月1日(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集