JR貨物/10月の車扱1.9%増

2011年11月16日 

日本貨物鉄道が11月16日に発表した10月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は181万2000トン(前年同月比4.3%減)、車扱は75万8000トン(1.9%増)となった。

東日本大震災による常磐線の不通に加え、東海道線での人身障害事故等の輸送障害が発生し、月全体では高速貨124本が運休した。

車扱貨物は、台風12号により線路が被災し輸送が中断しているセメント・石灰石が前年を下回ったものの、石油が前年を大きく上回り、1.9%増となった。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集