SAS/ビッグデータ分析の新製品を主力商品に

2012年05月16日 

米国SAS Institute Inc.(以下: SAS)は、ビッグデータ分析のニーズに対応する新製品であるインメモリ分析エンジン「SAS LASR Analytic Server (レーザー・アナリティック・サーバー)」を今後の主力製品と位置づけ、SASの業務別・業種別ソリューション全体に対応させると発表した。

SASは、これまで以上に幅広い顧客を対象に、ビッグデータ分析による高精度な洞察をより高速に提供していく。

新製品の超高速インメモリBIソリューション「SAS Visual Analytics」の中核コンポーネントであるSAS LASR Analytic Serverは、低コストの業界標準ブレードサーバー上で稼働する高性能インメモリ分析エンジン。

SASが提供する数多くの業務別と業種別ソリューションの次期バージョンに組み込まれる予定。インメモリ・アーキテクチャにより、大量のデータから迅速に洞察を導き出したいというニーズに応えつつ、複雑な課題の解決についても、これまで数時間を要したものを数分で、数分を要したものを数秒で完了させることが可能となる。

リスク管理、小売プランニング、小売マークダウン(値下げ)最適化の分野では、超高速のインメモリ型ソリューションを提供している。インメモリ型アプリケーションは今後、小売業向けの価格最適化、小売需要予測、マーケティング最適化などの分野で提供される予定。

SASは、17の業種、16の業務分野を対象とした200以上のビジネス・ソリューションを提供している。これらのほとんどの分野において、高速なインメモリ分析を導入することで大きな競争優位性を獲得できる。

SASの業種別ソリューションは、銀行、小売、ヘルスケア、保険、製薬、官公庁、通信、サービスなど多岐に渡り、業務別ソリューションは、マーケティング最適化、リスク管理、パフォーマンス管理、不正対策などさまざまな分野で活用されている。

最新ニュース

物流用語集