オリックス不動産/7.2万㎡の大型物流施設、埼玉県入間郡に建設

2012年05月29日 

オリックス不動産は5月29日、埼玉県入間郡三芳町に「所沢ロジスティクスセンター」の建設に着手すると発表した。

<所沢ロジスティクスセンター>

所沢ロジスティクスセンターは、敷地面積5万1820.36㎡、地上3階建て、延床面積7万2126.04㎡の規模で、2013年4月竣工を予定している。

1階両面・3階片面にトラックバースを備えており、3 階へは敷地東側のスロープにて直接アクセスできる。2階には荷物用エレベーター7基を完備、垂直搬送機も設置が可能で汎用性の高い仕様としている。

関越道「所沢 IC」から 4.5km に位置し、関越道や川越街道・浦和所沢バイパスといった縦横の一般道を経由し首都圏全域をカバーできる物流好適地。

1階バースに114台、3階バースに49台の大型車の接車が可能。1~2 階は1万4570坪、3区画に分割し、約4500坪からの賃貸を想定しており、3 階は6090坪、1区画あたり約3000坪からの賃貸を見込んでいる。

また、敷地内外には195台分の乗用車駐車場を確保し、トラック待機用として 102台分の待機場を完備し、効率的な運用を可能としている。梁下有効高は最大7mと保管効率の高い物流施設。共有部には監視カメラを設置し、24時間の有人管理を行いますのでセキュリティ面も安心して使用できる。

敷地は市街化調整区域内だが、適法な開発により、倉庫業法に基づく営業倉庫登録も可能で、24時間運営できる。

また、昨年の震災を受けて、500KVAの非常用発電機の導入を計画。非常時も荷物用エレベーターを稼動させ、照明の使用を継続させることにより、物流機能の停滞回避を目指す。

■物件概要
名称:所沢ロジスティクスセンター
所在地:埼玉県入間郡三芳町大字上富1163他
交通手段:関越自動車道「所沢 IC」から約4.5km
     東武東上線「鶴瀬」駅から約4.8km
敷地面積:5万1820.36㎡
賃貸面積:6万8405.80㎡
規模・構造:鉄骨造3階建
その他:床加重 1.5t/㎡、梁下有効高 5.5m(一部最大 7.0m)
竣工時期:2013年4月末(予定)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集