LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





オリックス/メタノール燃料船等次世代環境対応船3隻の新造船発注

2024年07月08日/IT・機器

オリックスは7月8日、子会社の三徳船舶を通じて、常石造船の最新型環境対応船であるメタノール燃料ばら積み貨物船「KAMSARMAX」2隻と、大島造船所のばら積み貨物船1隻を発注したと発表した。

<「KAMSARMAX」のイメージ図 (画像提供:常石造船)>
20240708orix - オリックス/メタノール燃料船等次世代環境対応船3隻の新造船発注

今回、常石造船の「KAMSARMAX」は常石集団(舟山)造船で建造され、大島造船所のばら積み貨物船は香焼工場で建造される。

発注した「KAMSARMAX」は、メタノールを燃料とするばら積み貨物船で、重油も使用できる2元燃料船。この船は、メタノールの使用および船型開発などにより、常石造船の従来船と比較してCO2排出量が約15%少なく、大気汚染物質である硫黄酸化物の排出を約95%削減できる。

現在、メタノールの製造には天然ガスなどの化石燃料が用いられているが、将来的には、CO2と再生可能エネルギー由来の水素から作られたグリーンメタノールを使用することで、運航時のCO2排出量は実質ゼロとみなすことが可能になった。

今回発注した3隻は、すべて2025年以降の契約船に対しての規制である「EEDIフェーズ3」(基準値比30%削減)を前倒しでクリアしており、環境負荷の低減が期待できる。

オリックスは、2024年2月に事業承継を目的として三徳船舶の発行済み株式をすべて取得した。事業承継後初めての船舶発注として、最新の環境対応船を導入する。

なお、オリックスグループとして、メタノール燃料船の発注は今回が初めてだ。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース