JILS/タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム等の物流事情で研究会

2012年06月12日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は7月6日、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、ミャンマーのメコン経済圏の物流事業に関する研究会を開催する。

タイ・ベトナムを軸として、ミャンマー・ラオス・カンボジア等を面として捉えたうえで、各国の物流インフラ事情に関する情報を提供する。

■開催概要
日時:7月6日(金)14:00~16:00
会場:アルカディア市ヶ谷 東京都千代田区九段北4-2-5
定員:50名
参加料:JILS会員10,500円(1名・消費税込)、JILS会員外15,750円(1名・消費税込)
主催/公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

詳細な内容と申し込みは下記URLを参照。
http://www.logistics.or.jp/newest/study.html?kind=study&record=a0R10000002LG7TEAW

■プログラム
14:00~14:05 開会
14:05~15:50
1.メコン経済圏の経済発展状況と物流インフラ
~タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス~
1)ASEANの貿易政策とメコン圏の経済発展
2)上記各国の投資環境比較
3)上記各国の物流インフラ概況/道路・鉄道・港湾・空港など

2.ミャンマーの物流事情
1)成長マーケットである中国、ASEAN、インドからみるミャンマーの位置付
2)ミャンマーの輸出入状況と今後の動向
3)ミャンマーの物流実態と課題/日系進出状況・物流インフラ状況・輸出入手続など

15:50~16:00 質疑応答・閉会

講師:日通総合研究所 
   経営コンサルティング部 
   主任コンサルタント 那智久代氏

問い合わせ
日本ロジスティクスシステム協会
顧客サービス部:遠藤
企画支援グループ:佐藤
東京都港区芝2-28-8芝2丁目ビル3階
TEL:03-5484-4021

最新ニュース

物流用語集