住友倉庫/4~6月の売上高14.2%増、営業利益3.0%減

2012年08月03日 

住友倉庫が8月3日に発表した2013年3月期第1四半期決算によると、売上高388億5000万円(前年同期比14.2%増)、営業利益24億6400万円(3.0%減)、経常利益30億4200万円(3.2%減)、当期利益18億800万円(3.9%減)となった。

倉庫収入は、2012年1月に稼働した埼玉県羽生市の新倉庫が寄与するなど、書類を中心に貨物保管残高が堅調に推移し、55億4300万円(3.6%増)となった。

港湾運送収入は、コンテナ荷捌が船会社の航路再編等により、また、一般荷捌も円高の影響等を受けて取扱高が減少し、92億9000万円(5.9%減)。

国際輸送収入は、特に欧州及び中国における国際一貫輸送の取扱いが低調に推移し、航空貨物の取扱いも減少したことから、64億8300万円(3.1%減)となった。

陸上運送ほか収入は、95億6300万円(2.3%減)となった。

港湾運送収入は、コンテナ荷捌でアジア航路を中心に取扱いが増加し、また、一般荷捌では輸入貨物の取扱いが回復したこと等から、98億6800万円(6.4%増)だった。

国際輸送収入は、航空貨物や海外子会社での現地物流の取扱拡大等から、66億9400万円(6.0%増)となった。

通期は、売上高1570億円(12.3%増)、営業利益103億円(7.1%減)、経常利益112億円(6.9%増)、当期利益66億円(1.4%増)。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集