パルシステム/物流施設の電力を再生可能エネルギーに変更

2013年07月01日 

パルシステム神奈川ゆめコープは7月1日、配送センター4事業所で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替えたと発表した。

11の配送センターのうち、4センターで使用する電力の購入先を特定規模電気事業者(PPS)うなかみの大地に切り替えた。

うなかみの大地は、やまがたグリーンパワーのバイオマス発電所で発電する電力を主な電力源とした、再生可能エネルギーを推進するPPS。

同コープでは、このような再生可能エネルギーの利用を拡大していくことで、脱原発とCO2排出量削減による地球温暖化防止を進めていくとしている。

対象事業所となった配送センターは、横浜南センター、横浜中センター、宮前センター、鶴見センターの4か所。

対象事業所の年間使用電力は150万kWhで、組合で使用する電力の約40%を占める。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集