福山通運、西濃運輸/拠点間の幹線輸送で共同運行

2013年08月26日 

福山通運は8月26日、西濃運輸と業務提携している同一の配達先を共同一括する配送サービスの「エコ デリバリー」を発展させ拠点間の幹線輸送でも共同運行を行うと発表した。

幹線の共同運行は、日曜日に行い、実施区間は、西濃運輸岐阜支店と福山通運名古屋支店間、西濃運輸大垣支店と福山通運名古屋支店間。

<従来の運行と共同運行>

お盆の共同運行では、実施区間が福山通運福山支店と福山通運名古屋支店間、福山通運福山支店と福山通運岐阜支店間。

<共同運行>

共同運行を行う事で、地球温暖化ガス排出の抑制による環境負荷の低減や道路渋滞の緩和を目指す。

削減効果は、日曜日で福山通運の4トン車2コース合計CO2削減量を46.0kg/日、お盆では、西濃運輸の11トン車3コース合計CO2削減量694.9kg/日としている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集