クボタ/欧州に畑作用大型トラクタ生産拠点を設立

2013年12月04日 

クボタは12月4日、フランスのノール県に大型畑作用トラクタの製造事業会社を新設し、2015年4月からの量産開始すると発表した。

大型畑作用トラクタを開発、現地生産し、グローバル畑作市場に本格参入することで、農業機械事業のグローバル展開を加速する。

■新会社概要
会社名:クボタファームマシナリーヨーロッパS.A.S(仮称)
設立:2014年1月(予定)
所在地:フランス ノール県ベルグ市 (ダンケルク行政区)
敷地面積:約11.5万㎡(内、建屋面積 約3.7万㎡)
資本金:5700万ユーロ(約71億円 換算レート:125円/ユーロ)
出資形態:クボタ100%
投資総額:4030万ユーロ(約50億円 換算レート:125円/ユーロ)
事業内容:欧州及び北米・豪州・日本向け畑作用大型トラクタの製造
生産能力:3000台/年
従業員数:約140人(2017年計画)
生産開始:2014年12月工場稼働開始、2015年4月量産開始予定

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集