日立物流/相模原市に、4万㎡の物流センター開設

2013年12月25日 

日立物流は来年1月、神奈川県相模原市に物流センターを開設する。

<物流センター外観>

大和ハウス工業が開発した物流施設「DPL相模原」の一部フロアを賃借するもので、精密機器と化粧品等の顧客向けに、商品の保管と配送を行う物流拠点として運営する。

東名高速や圏央道への交通アクセスの利便性の高さと日立物流グループの拠点運営ノウハウを活かし、最適なロジスティクスサービスを顧客に提供する。

施設は、免震構造を有していること等によりBCPの観点で優位性があり、防塵・温度管理・セキュリティ設備を完備していること等、顧客に安心な環境が整備されている。

■物流センターの概要
名称:相模原物流センター
所在地:神奈川県相模原市南区麻溝台1-13-1(DPL 相模原)
建屋仕様:PCaPC(プレキャストプレストレスコンクリート)造 (地上5階建)
敷地面積:4万1777㎡
延床面積 10万2817㎡ 日立物流利用分:4万1565㎡
トラックバース数:88バース(日立物流利用分)
主な取扱商品:精密機器、化粧品等
稼働予定時期:2014年1月

最新ニュース

物流用語集