三菱自動車/フィリピンでフォード工場跡地を取得

2014年03月31日 

三菱自動車工業は3月31日、フィリピンでの生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーションが、FORD MOTOR COMPANY (PHILIPPINES)の所有する工場跡地(ラグーナ州ラグーナ市)を取得すると発表した。

現本社・工場(リサール州カインタ市)から移転し、2015年1月から順次生産を開始する。

■Mitsubishi Motors Philippines Corporation (MMPC) の概要
設立(MMPCの前身):1972年5月
本社・工場所在地:フィリピン リサール州 カインタ市
資本金:16億4000万ペソ
主な事業内容 三菱自動車の生産及び販売
株主:三菱自動車工業51%、双日49%
生産能力:3万台/年
販売車種:フィリピン生産/ランサーEX、アドベンチャー、L300
タイ生産/ミラージュ、ミラージュ G4(アトラージュ)、モンテロ/スポーツ(パジェロスポーツ)、L200、ストラーダ 日本生産/ASX、パジェロ
2013年販売実績/シェア:4万2360台/20.5%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集