プロロジス/千葉県習志野市に6.5万平方米の物流施設を開発

2014年05月13日 

プロロジスは5月13日、千葉県習志野市にマルチテナント型施設「プロロジスパーク習志野5」の開発に着手すると発表した。

<完成予想図>
20140513prologi21 515x258 - プロロジス/千葉県習志野市に6.5万平方米の物流施設を開発

約2万9000㎡の敷地に地上4階建て、延床面積6万4600㎡の大型マルチテナント型施設として開発。着工は2015年4月、竣工は2016年春を予定している。

施設は1階と3階にトラックパースを備えたメゾネットタイプで、荷物用エレベーターと垂直搬送機を実装し、荷捌きの迅速性と保管効率を両立させた理編成の高い計画としている。

また、マルチテナント型のプロロジスの標準仕様である緊急地震速報システムや衛星電話等を備え、さらにはLED照明、大規模太陽光発電システムを導入する予定だ。

■概要
名称:プロロジスパーク習志野5
所在地:千葉県習志野市
計画敷地面積:2万9319.46㎡
計画延床面積:6万4600㎡
構造:未定 地上4階建て

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集