日産、佐川急便/電気トラック、2か月実証運行

2014年09月19日 

日産自動車と佐川急便は9月19日、100%電気トラックの「e-NT400テストトラック」の実証運行を2か月間実施したと発表した。

<100%電気トラック「e-NT400 テストトラック」>
100%電気トラック「e-NT400 テストトラック」

佐川急便は日産が貸与する「e-NT400 テストトラック」のモニター車を活用し、その実用性を検証した。

実証運行中に実際に使用したドライバーからは、ゼロエミッション車の強みである、騒音や振動による負担が少ない点や加速性能が高い点などが評価されていた。

電気トラック「e-NT400 テストトラック」は、小型トラック「アトラス」をベースに、「日産リーフ」のコンポーネント(モーター、バッテリー)を最大限活用した電気自動車(EV)システムを搭載したゼロエミッションの小型トラックとして将来の量産化を目指している。

排気ガスを一切出さないことから、都心部のエンジン車乗り入れ制限のあるエリアでも走行可能なほか、低騒音であることから、深夜の時間帯でも運行し易い車両。

80kW の電動モーターと高出力・大容量のリチウムイオンバッテリーにより、振動が少なくスムーズな加速と乗り心地を実現し、ドライバーにも優しいトラック。

モニター車は、JC08モードでの航続可能距離が約62kmとなり、30分間で容量の80%まで充電可能な急速充電機能を内蔵している。

日産は、今回の実験で得られたデータをもとに、走行性能や充電の運用などに関する検証を進め、今後の開発に生かす。

佐川急便は、今後も新技術などによる低公害車の開発に積極的に協力するとともに、環境負荷低減に向けてさまざまな取り組みを行っていくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集