LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/8棟の物流施設、太陽光発電開始

2014年11月04日/物流施設

プロロジスは11月4日、太陽光発電プロジェクトの第2弾として、全国で所有・運営する物流施設のうち、8棟の屋根に設置した太陽光発電システムの運転を開始したと発表した。

<プロロジスパーク川島(上)、プロロジスパーク川島2(下)>
20141104prologi1 - プロロジス/8棟の物流施設、太陽光発電開始

<プロロジスパーク習志野4>
20141104prologi2 - プロロジス/8棟の物流施設、太陽光発電開始

発電を開始したのは、運営中の8棟の物流施設の屋根面に設置された設備で、合計約7.4MWの発電量となる。これらは、2012年7月にスタートした固定価格買い取り制度を利用する。

日本では、固定価格買取制度開始前の2009年に「プロロジスパーク座間1」の屋根面に、国内の物流施設としては当時最大規模の1MWの太陽光発電システムを導入した。

続いて、太陽光発電プロジェクト第1弾として、2013年4月に8棟の物流施設で発電を開始。発電を開始した第2弾プロジェクトを含めて、合計18.8MWが稼働中となる。

なお、プロロジスは「環境への取り組み」で再生エネルギーの積極的活用を推進しており、グローバルでの導入実績は現時点で6か国、合計100MW以上に達する。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース