国交省/海賊対処法の護衛対象船舶登録船舶数6424隻

2014年12月12日 

国土交通省は、海賊対処法に基づく護衛をアデン湾で続けているが、12月12日現在、登録事業者数は859社、登録船舶数は6460隻となった。

護衛対象船舶数は合計3481隻、うち日本関係船舶は656隻、その他外国船が2825隻。

船舶の種類では、タンカーが最も多く、合計1704隻(日本関連船舶536隻、その他外国籍船1168隻)、次いで一般貨物船が1344隻(日本関連船舶76隻、その他外国籍船1268隻)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集