三菱倉庫/新たな医薬品保冷配送サービス構築に着手

2015年08月19日 

三菱倉庫は8月19日、医薬品専門の運送子会社DPネットワークと、医薬品の流通過程での品質管理基準「Good Distribution Practice」(GDP)に対応した新たな医薬品保冷配送サービスの構築に着手すると発表した。

新たな医薬品保冷配送サービス「DP-Cool」では、保冷医薬品(2~8℃)をDPネットワークの配送拠点から医薬品卸会社へ直接配送することにより、輸送途上の積替回数を減らし、温度異常のリスクを低減する。

9月から首都圏近郊と京阪神地区から開始し、順次全国に拡大する予定。

荷物室内の温度分布調査をはじめとしたバリデーションによって、温度管理機能の適格性が確認された医薬品専用車両を使用する。

温度モニタリング・トレーサビリティ・センターを設置して、輸送途上の温度を監視し、記録を保存する。

医薬品輸送に関する教育訓練・認定システムを構築し、従事者への教育訓練を実施する。また、教育訓練の有効性を定期的に評価し、結果を記録する。

GDPは、輸送中の温度管理、機材の適格性の確認、従事者への教育など多岐にわたって高度な管理体制を求めているため、三菱倉庫とDPネットワークは、GDPが既に導入されている欧州各国で現地調査を行い、新たな医薬品配送サービスについての研究を進めてきた。

最新ニュース

物流用語集