商船三井/会長がパナマ運河庁を訪問

2015年09月16日 

商船三井は9月16日、武藤光一会長がパナマ運河庁を訪問し、副長官のManuel E. Benitez氏と会談を行ったと発表した。

<写真右:パナマ運河庁 副長官 Manuel Benitez氏と武藤光一会長>
写真右:パナマ運河庁 副長官 Manuel Benitez氏と武藤光一会長

20150916mol2

<贈呈した金剛山丸の絵画>
贈呈した金剛山丸の絵画

会談後、武藤会長から副長官に対し、商船三井への長年にわたる支援に対する感謝として、100年前に商船三井の運航船で初めてパナマ運河を通峡した「金剛山丸」の絵画を贈呈した。

金剛山丸は1915年3月に神戸港を出港したのち、揚荷役のため、シアトル、ポートランド、サンフランシスコ、サンペドロに寄港した。

その後チリで積荷役を行い、北米東岸に寄港するため、1915年6月2日に、商船三井が運航する船として初めてパナマ運河を通峡。

ノーフォークとフィラデルフィアへ寄港した後に、日本に向けて、再度パナマ運河を通峡した。

最新ニュース

物流用語集