JR貨物/駅チカ倉庫でサービスアップキャンペーン

2016年03月08日 

JR貨物関東支社は首都圏の「駅チカ倉庫」のサービスアップキャンペーンを始めている。

「駅チカ倉庫」は鉄道貨物駅に近い立地の倉庫の紹介を通して、保管機能と全国への鉄道コンテナ輸送の組み合わせによるソリューションを提案する。

メリットとして、貨物列車の発車時刻に合わせて、直前まで出荷が可能、10~15立方mの小ロットで、全国輸送が可能。さらに、貨物駅までのトラック輸送が短くて済むため、トータルコスト削減、顧客の取扱品目に合わせた、倉庫機能と立地の倉庫事業者を紹介するなどを挙げている。

紹介している駅チカ倉庫は、東海道線東京貨物ターミナル駅、武蔵野線 新座貨物ターミナル駅、越谷貨物ターミナル駅、梶ヶ谷貨物ターミナル駅、常磐線 隅田川駅。

今後もエリア拡大予定という。

■問い合わせ
JR貨物
関東支社営業部
TEL:03-5793-9082

最新ニュース

物流用語集