LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

旭硝子/ブラジルに180億円を投じ、第2フロート工場建設

2016年03月11日/生産

旭硝子は3月11日、AGCガラス・ブラジル社に約180億円を投じてブラジル南東部に第2フロート工場を建設すると発表した。

ガラスの生産能力を現在の2.4倍に増強し、新工場は2018年末迄に完成する。

建築用・自動車用ガラスの需要成長が見込まれるため、現状年間22万トンの生産能力に新たに年間31万トンを加え、年間53万トンに増強する。

2011年にAGCガラス・ブラジル社を設立し、2013年以降順次、建築用と自動車用ガラス素板、ミラーと建築用各種コーティング加工製品、自動車用合わせガラスと強化ガラスを出荷し、その品揃え、品質、サービスが市場で認知され同社事業は着実に拡大している。

■AGCガラス・ブラジル社の概要
社長:ダビデ・カペリーノ
本社所在地:サンパウロ州グアラティンゲタ市
出資比率:AGCグループ100%
事業内容:建築用ガラス・自動車用ガラスの製造・販売
従業員数:525名(2015年12月末時点)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース