LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JR貨物・南関東ロジスティクス/機能性・付加価値高めたコンテナ開発

2016年08月04日/IT・機器

ジェイアール貨物・南関東ロジスティクスと日本事業者団体連合会は8月4日、環境保全の視点から、従来の鉄道コンテナの機能性や付加価値をより高めた「リノベーションコンテナ」を、共同製作会社の協力のもとに開発・製作していると発表した。

凍らせず食材などの鮮度を維持するのが「氷感SO庫(ひょうかんそうこ)」。汎用コンテナに、冷却システムに氷感システムを付加することで、食材などを凍らせることなく長期にわたって鮮度をキープできるコンテナ。

これまでの保冷・冷凍・冷蔵コンテナとは異なり、食材などを変質させずに保管できることはもちろん、お米やお肉などを熟成させる効果もあり、出荷された生産物をよりおいしい状態でお客様に届けることが可能。また、保管時は外部電源により充電・可動し、輸送時は蓄電池により定温管理するため、ひとつのコンテナで保管と輸送の両方を実現する。

太陽光を活用した24時間換気を実現するのが「SORAコン(そらこん)」。特殊塗装を施した汎用コンテナに太陽光ソーラーパネルを設置し、コンテナ内のファンを作動させることで庫内の24時間換気を実現するコンテナ。特殊遮熱塗料と換気扇でコンテナ内の空気を強制的に循環させるため、庫内の湿度・温度が安定し、輸送時も保管時も常温で積載物の品質を保つことが可能。

年度末からの量産化を目指し、現在は温度管理試験および安全性試験を実施中。試作コンテナ完成後の9月27日にはプレゼンテーションイベントも開催予定だ。

なお、共同製作会社は、氷感システムが以輪富、冷却システムが菱重コールドチェーン、蓄電池システムが日栄インテック・エイコー、真空断熱材が旭ファイバーグラス、特殊遮熱塗料が日本中央研究所、太陽電池モジュールがクリーンベンチャー21、鮮度保持簡易システムが東経物産、業務提携(運営・営業)が全国通運となっている。

問い合わせ
ジェイアール貨物・南関東ロジスティクス/日本事業者団体連合会 
TEL:03-6683-7070

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース