ニトリ/無人搬送ロボット、Butler導入

2017年01月25日 
関連キーワード:

ニトリグループのホームロジスティクスは1月25日、西日本通販発送センターへのインテリジェント無人搬送ロボットButlerの導入を決定したと発表した。

<商品棚の前のButler>
20170125nitori1 500x348 - ニトリ/無人搬送ロボット、Butler導入

<インテリジェント無人搬送ロボットButler>
20170125nitori2 500x270 - ニトリ/無人搬送ロボット、Butler導入

これまでホームロジスティクスでは「人に優しい職場環境の実現」を掲げ、さまざまな次世代型物流機器の導入と検討を行ってきた。昨今のEコマース市場拡大による物流需要の増加、年々困難になる人材の確保、さらに同社の理念に沿った仕様である、という要件を満たす物流機器として、Butlerを選定した。

大阪府茨木市の西日本通販発送センター(大阪DC内併設)に10月頃、79台の導入を予定している。

Butlerは「作業者の定点作業を実現する(ロボットが商品を作業者の元まで無軌道で搬送)」「大小さまざまな荷姿の商品の取扱が可能である(100cm×100cm×200cmまでの大型商品に対応)」「AIにより作業効率を向上させる(出庫頻度や関連性から自動」で棚の保管位置をコントロール)の特徴がある。

昨年2月導入のロボット倉庫(Autostore)に続き、さらなる物流機能の強化と「人に優しい職場環境の実現」を図る。

<庫内オペレーション概要>
20170125nitori3 500x357 - ニトリ/無人搬送ロボット、Butler導入

Butler(バトラー)の主な機能は、可動式の商品棚を持ち上げて動かす無人搬送ロボット。可動式の商品棚に商品を保管することで、平棚よりも高い保管効率を実現している。

出庫時はオレンジの色鮮やかなButlerが可動式の商品棚を作業ステーションまでスピーディかつ丁寧に搬送し、作業員は到着した商品をスクリーンの指示に従ってステーションに置くことでピッキング完了となる。

人が倉庫内を歩き回るのではなく、商品棚が倉庫内を動くことで、商品の入庫から出庫までの時間短縮と効率化を図る。

可動式の商品棚とButlerはそれぞれ1台単位で増やすことができ、台数に制限がないため、倉庫の全体最適が可能となる。

リアルタイム受注に対応して最適棚を選定でき、バッテリーも長寿命だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集